インターネットショップにしろ、実店舗にしろ、広告というのは重要です。お店の存在を知られなければお客様は来てくれませんし、お客様が来なければ当然商品は売れません。どれだけ良い商品が並んでいても売れなければ意味がないのです。そのため広告というのは重要になってくるのですが、広告だけでは新規客にアピールすることが出来ても既存客へのアピールは難しく、リピーターの確保が難しいです。しかし、そのリピーターこそがマーケティング成功のコツとなります。マーケティングを成功させるため、リピーターを確保するために使えるコンテンツの一つがメールマガジンです。これを利用することでリピーターに対する情報発信及び、リピーターへのお店の刷り込みがやりやすくなります。

売りたい商品のアピールとして使う

メールマガジンを最大限活用する方法は売りたい商品のアピールです。お店側が抱えている在庫にしろ、人気商品にしろ、売りたいものがあるならばこの方法は有効です。リピーターは当然一度お店を利用しており、お店の人間の態度や雰囲気は知っていますし、商品の質も十分理解しています。それゆえに、新規客のような警戒心が少なく、こちらがお勧めする商品を購入してもらいやすくなります。しかし、リピーターとはいえ、そう何度もサイトを見たりお店を訪ねてくれるわけではありません。そこで、メールで送信する形で、売り込みたい商品をお客様に提示するのです。そうすることでお客様の記憶に商品が残りますし、広報効果も生まれます。その中から購入する人もいるでしょうし、ついでに別の物を購入する人もいるかもしれません。

お得情報を発信する広告塔として使う

メールマガジンの2つ目の使い方はお得情報を発信する広告塔として利用することです。これは特にクーポンをつけて配信したり、セールの情報やメールマガジンにしか掲示されていないお得商品を見せることで有効となります。喩えそのお得商品で利益が出なくとも、その広告を見た人がお店を訪れ、他の物をいくつか同時購入してもらえる確率が上がります。そうすることで利益を上げることが出来ます。マーケティングとしては大成功と言えるでしょう。多くの場合、送料の調整のため、せっかく訪れたから等の理由で、目当ての商品以外のものも買ってくれます。それゆえに、この方法が使えるのです。大きな餌を用意して、それを撒くことで多くの人々に注目され、最終的に大きな利益を上げることが出来ます。