マーケティングを行う場合、広告というのは重要になってきます。広告の有無によって集客力は段違いに違いますし、お店の知名度向上には必須と言えるでしょう。新規ショップが新規客とリピーターの両方を確保するのは難しく、どちらも別々の広告を打たなければ維持することが難しいです。新規客は普通の広告で十分ですが、リピーターの確保となるとそう簡単にはできません。何度もショップを意識に刷り込むことが重要となるからです。マーケティングを行う上で、自分のショップを客の意識に刷り込むというのはかなり重要であり、難易度は非常に高いのが現状です。しかし、それを手軽にしてくれるツールがあります。それが今回のテーマの主題でもあるメールマガジンと呼ばれるものになります。

利用することにより顕著に表れる効果

メールマガジンを利用する時に効果が顕著に表れるものと徐々に表れるものがあります。顕著に表れる効果としては、集客力の向上です。多くの人に同時に広告を見せることが出来、メールでの受信ということで一度は多くの人が目にすることになります。そのため、メールを見た人がショップの存在を思い出したり、購入したいと思う商品が掲載されていたり、クーポンがついていたりすることで、ショップを訪れたいと思う人が一定数現れます。そのため、メールを送って数日はいつもよりも集客数が増加する傾向にあります。当然、長くは続きませんが、その時にリピーターとして客を確保できれば、マーケティング的には成功となります。逆にそれができなければショップの根底を見直す必要があるかもしれません。

利用することにより徐々に表れる効果

顕著ではなく、徐々に表れる効果として大きいのは刷り込み効果です。最初にもショップの存在を客の意識に刷り込むことがマーケティングでは重要だと言いましたが、メールマガジンを利用することでそれが徐々に達成されていきます。メールマガジンを受信している人が増えれば増えるほどこの方法は有効となっていくことになります。メールで届くショップの名前や情報を何度も何度も、一定期間ごとに見ることで、購読している多くの人がその名前や情報を無意識下で記憶することになります。その結果、何かを購入しようと思った時に、思い出される確率が上がり、そして思い出されれば一度は検討される可能性があります。一度意識に刷り込めばあとは客の中でショップを利用しようと思う意識が勝手に働くことでしょう。