ショップのマーケティング戦略の一つとして、意識と無意識を利用する方法があります。その二つを利用することで何かをしようとした時に刷り込んだショップの情報が思い出されやすく、利用率も上がるからです。その方法として最も優れているのがメールマガジンを利用する方法です。ショップ運営者が必要な労力は少なく、資金もそれほどいらず、時間もそれほど使わなくて良いのにもかかわらず、与える情報量の多さや独占性は強く、コストパフォーマンスに優れている方法です。客側は届いたメールを見ることになるため、当然ショップ単体の情報しか掲載されておらず、ライバルショップがいないため、運営者が届けたい情報をダイレクトに客に伝えることが可能となってきます。それこそがマーケティングで最も利用できる理由です。

ショップの情報を何度も意識させる

意識と無意識のうち、意識を利用する方法として一番良いのはお得情報を載せることです。クーポンを載せたり、明らかにお得と感じられる商品を掲載したうえでメールマガジンを配信することで、それを見た多くの人が一度は意識に停めます。購読している時点である程度は興味を漏れているか、一度以上の購入実績があるため、大々的に打ち出したお得情報はすぐに意識されることでしょう。意識されれば当然、記憶に残ることになりますし、そのあと忘れられても、何か月も受信することでいつかは覚えてもらえる可能性が高くなっていき、何かを購入しようと思った時に優先的に利用してもらえることがあります。マーケティング的にはこのような点でメールの送信というのは有効的な方法ということができるのです。

ショップの情報を無意識化に刻み込む

無意識下へ刻み込むというのは多大な時間がかかる反面、一度成功すれば当分の間は有効となる良い方法です。こちらは特にお得情報がなくても、その人が興味を持つ情報ではない時でも構いません。メールを開き、ショップの名前やデザインなどショップ自体の存在を無意識下に刻み込み続けることで、ふと思い出してもらいやすくなります。何かを購入したいという意思が発生した時、特別に該当するショップがなければ、無意識下に刻まれた情報を優先的に思い出す傾向にあるからです。メールマガジンを利用した場合、何度も何度も同じショップ名やデザインを見せ続けることによって刻み込みは成功します。最終的には無意識に完全に刷り込むことによって、今後ショップの利用を優先的にしてもらうことが目的となります。