ショップを運営するうえでマーケティング戦略を考えるというのはとても大事なことです。特に重要なのは、どうやって集客するか、集客した人をどうやってリピーターとするか、どうやってショップの知名度を上げるかといった、お客様との関係性構築といった場面です。良い商品を並べたりするのも需要ではあるのですが、お客様あってのショップなので、一番重視しなければならないのは、対お客様関連のことです。その中でもリピーターを増やすという点は最も難しい要素となります。しかし、それを少しだけ手助けしてくれるツールも存在します。それがメールマガジンと呼ばれるものです。これは直接、購読してくれたお客様の下へメールを一斉送信することが出来るものであり、情報をダイレクトに伝えることが出来ます。

何故マーケティング戦略で使えるのか?

このメールマガジンがなぜマーケティング戦略で使えるのかというと、お客様の意識に何度もアプローチできるからです。リピーターを確保するのは容易ではありません。なぜならお店を利用したとしても、そのお店のことはすぐに忘れてしまうからです。何度も利用しているならともかく、一度利用した程度では覚えてもらえることはほとんどありません。そこで何度も何度もお店の情報を意識させる必要が出てきます。メールマガジンはこの点で大活躍します。一定のペースでお得情報やクーポン、広告といったものを送信することで、お店の情報を意識する回数が増え名前を売り込むことが出来ます。なんていう名前の、何を売っているショップなのかという情報をお客様の記憶に残すことに成功する可能性があります。

マーケティング戦略での活用法は?

では具体的にどのようにして意識に残せばよいのかということですが、それはストレスがたまらない頻度でメールマガジンを送り続けることです。何度も意識させるという点が重要なので頻度は大事です。ただし、配信回数が多すぎるとストレスとなり、購読を解除されてしまったり、迷惑メールとして登録されてしまうかもしれません。それでは本末転倒です。そのため頻度には気を使う必要があります。また、内容も重要です。価値がなければ同じく行動を解除される恐れがあるので、一定の価値はキープしなければなりません。クーポンやお得情報やお得商品の記載は必須です。また、出来るだけお得感の大きい商品を掲載することも重要です。そうすることで価値を維持し、購読し続けてくれる可能性が高まります。